週間ランキング
丸干しイカ(もみいか)10杯入り漁師のこだわりいか塩辛輪島フグ干物セットふぐ卵巣糠漬け

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,980円

漁師のこだわり

4,600円

いか塩辛

864円

輪島フグ干物セット

4,500円

ふぐ卵巣糠漬け

1,080円

 

レシピ 蒸しあわび

■ レシピ

七面鳥 | いしり(いしる) | 柚餅子 | 蒸しあわび赤西貝

■ 蒸しあわび

今回レシピとしてご紹介するのは、蒸しあわびです。
此処、輪島で採れるあわびをベースに今回は紹介させていただきます。
当店では、輪島産を販売しています。

勿論、あわび漁は年中行っている訳では御座いません。
夏場のあわび漁解禁から約2カ月しかあわび漁は行いません。
漁といっても釣りでは御座いません。
海士(あま)さん達が海へ潜るのです。
その深さは何と約30メートル。まさに命がけです。
決して酸素ボンベを背負って潜っている訳では御座いません。
全て素潜りなのです。
一息でその深さへと潜るのですから脅威です。
当然、人間の力だけでは採れる量は限られています。
海士さんの数とあわびの数が年々減っているのも事実です。
加賀藩前田公へ献上されていた逸品であることからも、
蒸しあわびとなる製法は間違いなく高等技術です。年々減りゆく天然の地元産だけでは数に限りがあるので、
そこで代用されているのがオーストラリア産のあわびです。
蒸しあわびとなる製法は同じ技術をもってして作られるので
輪島産あわび同様に絶品珍味の蒸しあわびへと生まれ変わります。
当サイトで販売している蒸しあわびは、真空包装されたものです。
そのまま封を切ってスライスするだけで、すぐにでも食べれるだけに、
完成品が届くといっても過言ではありません。
シンプルに召し上がっていただくのが一番でもあるので、
正直申しまして、手の込んだことをしなくていいのがこの蒸しあわびなのです。
これではレシピにはならないので、幾通りかの食べ方を簡単にご紹介致します。
高級食材とされる蒸しあわびの食べ方を下記に紹介致します。

下記のレシピは当サイトで販売している、蒸しあわび一袋をベースにしています。

■薄くスライスした蒸しあわびをバターで焼きます。
軽く火を通したところに大さじ1杯のワイン、小さじ1杯の醤油で味をつける。
お好みで、お召し上がりの前にレモンを絞る。


■真空包装されているむしあわびをそのまま取り出し、
薄くスライスします。そのスライスしたものをお湯の中に入れて塩が出たら食べま
す。(お湯が白濁してきたら、蒸しあわびから塩が抜けた状態です。この白濁した水がいい出汁にもなりますので、捨てずに他の料理にもご利用いただけます。)


■先ず、蒸しあわびを薄くスライスします。
そのスライスした蒸しあわびが全部浸るほどの薄い塩水を容器に用意します。
(微妙に塩気があるなというぐらいが丁度いいです。)
その容器にスライスした蒸しあわびを浸します。
浸していると塩水が白濁してきます。(これは蒸しあわびからエキスが出た状態です。)
白濁したら浸していた蒸しあわびを別の皿に盛ります。
先程の白濁した塩水を大さじ1杯すくい、盛った蒸しあわびにかけます。
これが一番お勧めの召し上がり方です。
(味の調整は白濁した塩水でして下さい。)


■5分ほど袋のまま温め、スライスして召し上がってください。
蒸したての風味が漂います。


■炊き込みご飯の具材の一つとしてもご利用いただけます。
袋からそのまま取り出し、スライスしてお湯の中に入れます。
軽く塩抜きをしてから、他の具材と一緒に入れて炊きこみます。
そのままだと塩気がありすぎるので、軽く塩抜きすることをお勧めします。


蒸しあわび100g~110gの詳細・ご注文はこちら

蒸しあわび80g~90gの詳細・ご注文はこちら



レシピページを閲覧したお客様は、こちらの商品も閲覧しています。

いかの塩辛

840円(税込)
■内容量:160g
■賞味期限:1ヶ月
■原材料:いか(石川県)、米糀、食塩、柚子、唐辛子、日本酒
■生産者:ジャパンコレクション
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。

門前屋忠兵衛の生カレー (3袋入)

1,305円(税込)
■内容量:200g(1人前)×3
■賞味期限:2ヶ月
■生産者:丸山料理店 (丸山 剛)
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。
丸干しイカ(もみいか)10杯入

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,400円(税込)
■内容量:約333g(10杯入)
■賞味期限:1ヶ月(製造日より)
■原材料:イカ(石川県)、食塩
■1杯あたり:¥140
※画像をクリックすると丸干しイカ(もみいか)の詳細ページへ移動します。

レシピ いしり(いしる)

■ レシピ

七面鳥 | いしり(いしる) | 柚餅子 | 蒸しあわび赤西貝

■ いしり(いしる)

ひと言で“いしる”といっても、作り手によって味は様々です。
このページに掲載されているレシピは、当サイトで販売しているいしり(いしる)だからこそ出来る料理です。
当店で販売している“いしり(いしる)”はこちら↓↓

いしり(いしる)500ml|グルメ通販・石川 能登 輪島の名産品!産地直送・お取り寄せサイト いしり(いしる)1L|グルメ通販・石川 能登 輪島の名産品!産地直送・お取り寄せサイト い わしいしる|グルメ通販・石川 能登 輪島の名産品!産地直送・お取り寄せサイト いかいしる|グルメ通販・石川 能登 輪島の名産品!産地直送・お取り寄せサイト
いしり(いしる)500mlいしり(いしる)1Lいわしいしるいかいしる

“いしり”はくせのあるものです。
使い方を聞くと、よく言われるのは鍋料理での使用を勧められます。
しかし、用途は多様です。
鍋以外にも、お吸い物やみそ汁など「旨みが足りないなぁ」というときに隠し味程度に加えると、味に深みが出ます。
他にも、煮物の味つけに加えると、まるで魚を加えて煮たような味に仕上がります。
里芋、大根、じゃがいものほか、豆腐、厚揚げなどが、“いしり”とは相性がよいので特におすすめです。また、醤油の代わりに刺身、冷ややっこ、湯豆腐、蒸しなすなどのつけじょうゆにしても美味。かじきやさばなどの切り身魚や鶏肉の下味に使うのもこれまた美味。
タイのナムプラーと同様に焼き飯、焼きそば、ビーフン、野菜いためなどの味つけに使うと独特な風味が加わり、いつもの味に変化が出るのでこれもおすすめじゃ。
ただし、“いしり”は醤油よりも塩分が強いので、味をみながら加えるようにして下さい。
いしりについては、こちらのメルマガにて説明もしていますので、是非ご参照下さい。

■能登の伝統料理 いりし貝焼鍋■材料(4人分)

・岩のり 80g・わかめやもずくなどその他海藻類を80gづつ・いか 160g
・帆立貝(貝付き) 120g・人参 30g・春菊 80g・なす 120g
・いしり 大さじ2・みりん 大さじ2・酒粕 40g・だし汁 2カップ

■作り方
1. かつお節のだし汁にいかのいしり、みりん、酒粕をあわせておく。
2. 材料は洗って、食べよい大きさに切る。
3. 帆立貝の殻を鍋にして、(1)の調味料を入れ火にかける。(ミニコンロがあればベスト)
4 .煮立ってきた汁の中へ具を入れながらいただきます。(材料を一度に全部入れないこと)

■能登の伝統料理 いしり鍋

■材料(4人分)

・イカ 1杯 ・蛤等 中4個 ・皮はぎ等 4尾・甘えび 8尾 
・白菜 4枚 ・大根 100g・えのき茸 1袋 ・春菊 1/2袋 
・葱 1本・水 6~7カップ ・昆布 10cm角1枚 ・塩 少々
・いしる 大さじ3~4 ・酒 大さじ3 ・味醂 少々・七味唐辛子 好み 
・万能葱 4本・もみじおろし 適量

■作り方
1.イカは内臓を取り、胴は輪切り足はぶつ切りにして、皮はぎはヒレ、尾を取り2~3等分に切り、甘えびは姿を整え、蛤はきれいに洗っておきます。
2. 白菜は大きな短冊切り、大根は粗い笹がき、えのき茸は石突きを取り、春菊は葉を摘み、葱は斜め薄切りにします。
3. 土鍋等に昆布、水を入れ火にかけ、煮立ったら塩、いしり、酒、味醂で味を調え、用意した材料を順に煮て、七味唐辛子やもみじおろし、万能葱の小口切り等を薬味にしていただきます。


■とまとサラダのパスタ

■材料
・全粒バスタ 250g・トマト(中) 3個・バジル 10枚・パセリ 1枝分
・にんにく 1片・オレガノ(乾燥) 少々・塩こしょう 少々・EXオリーブオイル 大さじ3
・バルサミコ酢 小さじ1・いりし 大さじ1

■作り方
1. バジルは葉と、パセリは先の房の部分だけ使用します。
2.トマトは先に切り込みを入れて湯煎にかけ皮を剥き、細かく切る。
3. バジルとパセリとにんにくはフードプロセッサーにかけみじん切りにし、ボウルにトマト、“いしり”など調味料を全て入れて混ぜておく。
4 .時間通りに茹でたパスタと混ぜ合わせて鉢に盛る。


■ハーブサラダのカッペリーニ

■材料(3~4人分)
・カッペリーニ 200g・プチトマト 13個・きゅうり 1本
・たまねぎ 80g・イタリアンパセリ 5本・マスタードサラダ 5本・ルッコラ 3本
・レモンバーム 約20枚・EXオリーブオイル 大さじ2・バラサミコ酢 大さじ1
・いしり 大さじ1・黒こしょう 小さじ1

■作り方
1 .トマトはヘタをとり、半分に切ってざるに入れて塩をふって水気を切っておく。
2 . きゅうりは洗って3~5mmの厚さに切る。
3 . たまねぎはみじん切りにし、ハーブは食べやすい大きさに手でちぎっておく。
4 . トマト、きゅうり、たまねぎ、ハーブと“いしり”など調味料をすべて合わせておく
5 .茹でたカッペリーニを素早く混ぜてお皿に盛る。

■ソース焼きそば

■材料(2人分)
・キャベツ 300g・豚バラ肉 50g・桜エビ 大さじ2・サキイカ 大さじ2
・紅生姜 大さじ1・天かす 大さじ3・鰹節 大さじ2・焼きそば 2束
ソース材料
・ウスターソース 大さじ2・とんかつソース 大さじ2・オイスターソース 大さじ2
・いしり 大さじ1・紹興酒 大さじ2

■作り方
1 .オイルをひいたホットプレート一面にキャベツをひきます。その上に豚ばら肉を並べ塩胡椒をします。
ばら肉の上に天かす、干し海老、さきいか、紅生姜、鰹節の順にのせます。最後に焼きそばを具材を覆うようにのせます。具材を混ぜてはいけません。のせるだけです
2 .そのまま蓋をして、ホットプレートを加熱します。温度は中温にセットしてキャベツの甘さを引き出して野菜で具材を蒸らすようにじっと待ちます。
具材は混ぜてはいけません。一番上部に乗っている焼きそばを触ってみて熱くなったら混ぜて下さい。
3 .ソースの材料を全て合わせ、そのソースをかけて、へらを2枚使ってサックリとそばと具材を混ぜ合わせて出来上がり。


いしり(いしる)500mlの詳細・ご注文はこちら

いしり(いしる)1Lの詳細・ご注文はこちら

いわしいしるの詳細・ご注文はこちら

いかいしるの詳細・ご注文はこちら



レシピページを閲覧したお客様は、こちらの商品も閲覧しています。

いかの塩辛

840円(税込)
■内容量:160g
■賞味期限:1ヶ月
■原材料:いか(石川県)、米糀、食塩、柚子、唐辛子、日本酒
■生産者:ジャパンコレクション
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。

門前屋忠兵衛の生カレー (3袋入)

1,305円(税込)
■内容量:200g(1人前)×3
■賞味期限:2ヶ月
■生産者:丸山料理店 (丸山 剛)
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。
丸干しイカ(もみいか)10杯入

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,400円(税込)
■内容量:約333g(10杯入)
■賞味期限:1ヶ月(製造日より)
■原材料:イカ(石川県)、食塩
■1杯あたり:¥140
※画像をクリックすると丸干しイカ(もみいか)の詳細ページへ移動します。

レシピ ゆべし

■ レシピ

七面鳥 | いしり(いしる) | 柚餅子 | 蒸しあわび赤西貝

■ 柚餅子(ゆべし)

当店で販売している丸ゆべし棹ゆべし玉ゆべしで是非お試し下さい。
伝統色が非常に濃い和菓子、『柚餅子(ゆべし)』の美味しい食べ方をご紹介します。

柚餅子とは・・・

各ゆべし商品の商品ページにも記してありますが、柚餅子とは大変歴史のある和菓子です。
そもそも和菓子とは、古書にもありますが、葛根及び米粉に果実の糖液を混入して蒸し上げ、これを焼き又は橘の実の中をくり出して入れ、再び蒸し上げたものを菓子と名付けたと言われています。由来としては、桓武天皇の延暦23年に空海上人が唐から持ち帰られたことから菓子作りが始まったとされています。
ゆべし(柚餅子)とは、ユズを用いた加工食品のひとつです。
源平の時代に生まれたとも伝えられ、菓子というよりも保存食・携帯食に近いものであったとされ、時代と共に現在のようなお菓子へ変化したといわれています。
ゆべしの代表的な一品は『丸ゆべし』です。
柚子の実の上部を切り取り、そこから中身をくり抜いて柚釜を作り、そこにユズの果肉、もち米粉、上新粉、白味噌、砂糖などを混ぜたものを入れて蒸したものです。蒸しと乾燥を20~30回、飴色になるまで繰り返す製法のため3~4ヶ月の期間を要します。
(常温で比較的長期保存が可能なのは、この製法だからこそのものです。)
また、柚釜に使用されるユズも傷のない、上質なものが必要とされるため、贅沢な茶
菓として茶席で供される機会も多いです。
丸ゆべしの代表的な産地として、ここ輪島市が有名になったのは、輪島塗の行商人が携行食として、また顧客への手土産として広まったといわれています。

それでは、この丸ゆべしの美味しい食べ方の一例をご紹介します。

■ゆべしは蒸すと美味しくなりますが、一般家庭で蒸し器は気軽にセット出来ません。

そこで、炊き上がったばかりのご飯釜を利用します。
(1)丸ゆべしを薄くスライス状に切る。(固いので包丁が入り難いですが、そこは頑張って!)(2) 炊飯器の中に小さく(1)を5分ほど置く。以上で出来上がりです。
すると透き通るような綺麗なお菓子が出来上がります。

■蒸すことが一的な食べ方となっていますが、 軽く火で炙ってお召し上がりいただくこともお薦めします。

炙ることにより、ゆずの香りが強く出てきます。香りを充分お楽しみいただけます。

■ゆず本来の香りと味を閉じ込めているのが丸ゆべしです。

柚子の入った一品ものといえば、茶碗蒸しやお吸い物。 柚子本来の上品な香りと味をより一層強めたい時は、この丸ゆべしを利用して下さい。

■天ぷらにしても大変な珍味です。

丸ゆべしを薄くスライス状に切り、薄い衣をつけて天ぷらにする。
または、桜エビ、子ニボシ等と一緒に揚げてかき揚げにしても珍味です。
ゆべしが完成するまでの工程は非常に手間暇がかかります。
が故に価格も普通の和菓子感覚よりは高い商品です。
高級菓子としても有名なゆべしですが、
事実、有名処の高級料亭でも使われています。
料亭では主に茶碗蒸しや薬味として使われいるところが多いようです。
日本に菓子が伝来した頃から、その容姿や工程が守られている『ゆべし』
この機会にぜひ一度ご賞味下さい。


丸ゆべしの詳細・ご注文はこちら

棹ゆべしの詳細・ご注文はこちら

玉ゆべしの詳細・ご注文はこちら


レシピページを閲覧したお客様は、こちらの商品も閲覧しています。

いかの塩辛

840円(税込)
■内容量:160g
■賞味期限:1ヶ月
■原材料:いか(石川県)、米糀、食塩、柚子、唐辛子、日本酒
■生産者:ジャパンコレクション
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。

門前屋忠兵衛の生カレー (3袋入)

1,305円(税込)
■内容量:200g(1人前)×3
■賞味期限:2ヶ月
■生産者:丸山料理店 (丸山 剛)
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。
丸干しイカ(もみいか)10杯入

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,400円(税込)
■内容量:約333g(10杯入)
■賞味期限:1ヶ月(製造日より)
■原材料:イカ(石川県)、食塩
■1杯あたり:¥140
※画像をクリックすると丸干しイカ(もみいか)の詳細ページへ移動します。

レシピ 七面鳥

■ レシピ

七面鳥 | いしり(いしる) | 柚餅子 | 蒸しあわび赤西貝

■ 七面鳥の食べ方

当店で販売している七面鳥の肉セットで是非お試し下さい。

(1)ささみ(1)ささみ
タタキとして、しょうが醤油、ゆずポン酢、又はごまだれにニンニクを加えた汁につけて食べる。切り方は、薄くそぐようにして。タタキは焼いた後、冷凍庫で冷やしてからさしみの様に薄く切る。(水につけない方が味が良い)
(2)白肉(2)白肉(胸肉)
ささみと同様、タタキ、又はフライ、唐揚げ用に。細い棒状に切ってラップを巻き冷凍すると、タタキの場合、焼きやすい。脂身の付いた部分を小さめの角切りにして鍋物の材料へ。(量の多い場合、切って一回分ずつ袋に小分けして冷凍すると後に便利)
(3)赤肉(3)赤肉(足肉)
ステーキ・焼肉用フライパンで塩・こしょうをふりかけ両面を焼く。脂身を付けて切るとおいしい。又、甘辛く醤油を煮立った汁に細かく切った白肉と一緒に味をしみ込ませた後、あつい湯を鍋にそそぎ、野菜(ねぎ、糸コン、ササガキごぼう)を加えてすき焼風にして食べる。うどん、餅を入れても良い。

(4)七面鳥の照り焼き

■材料(4人分)
・七面鳥胸肉(500g)・れんこん(80g)・醤油(少々)・みりん(少々)・酒(少々)
・生姜汁(少々)・酢(少々)・サラダ油(適量)
照り醤油
・醤油(大さじ3)・みりん(大さじ3)・砂糖(大さじ3)・酒(大さじ3)
梅肉酢
・梅肉(大さじ1)・煮きりみりん(大さじ2半)・煮きり酒(小さじ2)・淡口醤油(少々)
================================================================
■作り方
(1)七面鳥は筋切りをしてフォーク等で全体を刺し、醤油、みりん、酒、生姜汁各少々をふりかけてしばらくおき、下味を付けます。
(2)れんこんは皮をむき、ごく薄く切って酢水にとり、酢少々を加えた熱湯でゆでて水けをきっておきます。
(3)分量の調味料を合わせて梅肉酢を作り、(2)を和えます。
(4)フライパンにサラダ油を熱し、(1)の汁けをふいて皮めから入れて焼きます。
(5)皮めが焼ければ裏返してふたをして、弱火にしてしばらく焼き、肉に火が通れば一度取り出します。
(6)フライパンをきれいにし、合わせておいた照り焼き醤油を入れて少し煮詰め、七面鳥を戻してからめ、照りよく仕上げます。
(7)(6)を食べ易い大きさに切り分けて器に盛り、(3)のれんこんを添えます。

(5)七面鳥の酒蒸し刺身風

■材料(4人前)
・七面鳥胸肉(400g)・出汁昆布(5cm角1枚)・大根(8cm長さ)・きゅうり(2本)・大葉青しそ(4枚)・穂じそ(16本)・紅たで(適量)・わさび(適量)・醤油(適量)
ターキーの下味
・酒(小さじ1半)・酒(大さじ2)・生姜汁(大さじ1)

===============================================================
■作り方
(1)七面鳥は皮を取り除いて両面をフォーク等で刺し、昆布を敷いた皿に載せて塩、酒、生姜汁をふりかけ、しばらくおいて下味をつけます。
(2)大根ときゅうりはそれぞれ桂むきにし、あと細切りして水にさらし、けんを作ります。わさびはすりおろします。
(3)下味をつけた七面鳥は皿ごと蒸し器に入れて、中火で10分~15分蒸します。肉に火が通れば冷まし、一口大に切ります。
(4)器に大根ときゅうりのけん、大葉青しそを敷き、(3)を盛って穂じそ、紅たで、わさびをあしらい、別皿に醤油を添えます。



(6)七面鳥のささ身とワカメの生姜酢

■材料(4人前)
・七面鳥ささみ(1本)・わかめ(戻して60g)・紅たで(少々)・酒(大さじ2)・塩(少々)・生姜汁(小さじ1)
生姜酢
・酢(大さじ3)・淡口醤油(大さじ半)・砂糖(大さじ1)・塩(小さじ1/4)・生姜汁(小さじ2)・煮出汁(大さじ4)
===============================================================
■作り方
(1)ささ身は筋を取り、鍋に入れて酒、塩、生姜汁をふりかけ、蓋をして蒸し煮します。火が通れば冷まして身を粗くさきます。
(2)わかめは水洗いし、サッと湯通しして水にとり、食べやすい大きさに切ります。
(3)分量の調味料を合わせて生姜酢を作り、その1/3の量でささ身とわかめを和えます。
(4)器に(3)を盛り、残りの生姜酢をかけて紅たでを天盛りします。


七面鳥の肉セットの詳細・ご注文はこちら



レシピページを閲覧したお客様は、こちらの商品も閲覧しています。

いかの塩辛

840円(税込)
■内容量:160g
■賞味期限:1ヶ月
■原材料:いか(石川県)、米糀、食塩、柚子、唐辛子、日本酒
■生産者:ジャパンコレクション
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。

門前屋忠兵衛の生カレー (3袋入)

1,305円(税込)
■内容量:200g(1人前)×3
■賞味期限:2ヶ月
■生産者:丸山料理店 (丸山 剛)
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。
丸干しイカ(もみいか)10杯入

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,400円(税込)
■内容量:約333g(10杯入)
■賞味期限:1ヶ月(製造日より)
■原材料:イカ(石川県)、食塩
■1杯あたり:¥140
※画像をクリックすると丸干しイカ(もみいか)の詳細ページへ移動します。

レシピ 赤西貝

■ レシピ

七面鳥 | いしり(いしる) | 柚餅子 | 蒸しあわび赤西貝

■ 赤西貝

今回は当サイトで販売している『赤西貝浜煮』のレシピです。
正直申し上げまして、これといったレシピが御座いません。
と言いますのも、そもそもがこの商品自体にしっかりと味付けが成されているからです。
レシピとしては、先月の蒸しあわびと似ています。

『赤西貝はどう料理したらいいのですか?』という問い合わせがあるのも事実です。
ですので今月はレシピと言うより紹介がメインになってしまうことをご了承下さい。

赤西貝は別名「北陸の海のルビー」との異名を持っています。
奇麗な色とコリコリした食感、ほのかな甘みがあります。
皇太子殿下が和倉温泉にお泊りになった時に召し上がり、おかわりをされたことでも有名です。
お刺身、酢の物など北陸を代表する夏の味覚です。
赤西貝はタニシのような形状ですが、綺麗な橙色のこりこりした食感は独特のものがあります。
非常に好き嫌いが分かれる貝でもあります。
嫌いな人は一切口にしたくない!という意見もあります。
何でもそうでしょうが、食べ物は人それぞれの好みですね。
と、ここまでは生の赤西貝の話です。

当サイトで販売しているのは、その赤西貝を浜煮と言う独特の製法をもってして調味した逸品です。
ここにしかない一子相伝の伝統製法は、あわびだけではなく、赤西貝にも施しています。
勿論、蒸しあわびと全く同じというわけでは御座いません。

冒頭に申し上げましたが、赤西貝浜煮にはこれといったレシピは御座いません。
シンプルにお召し上がりいただくのがベストです。

真空包装されている赤西貝浜煮を袋から取り出し、薄くスライスして食べるのが一番の味わいでしょう。
細かく切って酢の物に和えるのも一興の味覚です。
または、炊き込みご飯の具材の一つとして入れていただくと、深い味わいを得ることができます。
普段作られる炊き込みご飯に一つ変わったアクセントとして入れていただくのはお勧めです。



レシピページを閲覧したお客様は、こちらの商品も閲覧しています。

いかの塩辛

840円(税込)
■内容量:160g
■賞味期限:1ヶ月
■原材料:いか(石川県)、米糀、食塩、柚子、唐辛子、日本酒
■生産者:ジャパンコレクション
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。

門前屋忠兵衛の生カレー (3袋入)

1,305円(税込)
■内容量:200g(1人前)×3
■賞味期限:2ヶ月
■生産者:丸山料理店 (丸山 剛)
※画像をクリックすると商品の詳細ページへ移動します。
丸干しイカ(もみいか)10杯入

丸干しイカ(もみいか)10杯入

1,400円(税込)
■内容量:約333g(10杯入)
■賞味期限:1ヶ月(製造日より)
■原材料:イカ(石川県)、食塩
■1杯あたり:¥140
※画像をクリックすると丸干しイカ(もみいか)の詳細ページへ移動します。

ページトップへ